ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

児童買春 : 出会い系カフェ 地方の激戦区は“置き屋”状態

日時: 7474-04-07  表示:5930回

6月2日10時0分配信 日刊ゲンダイ

 東京・池袋の出会い系カフェが摘発され、店長ら9人が逮捕、少女31人が補導された。この「キャンカフェ」なる店、今年4月に開店、都内では最も繁盛していたという。
「出会い系カフェの人気のバロメーターは、やはり女のコのレベルです。『キャンカフェ』はナンバーワンだった。カワイイ女子高生がいるから客が集まる。客が多いと稼ぎがよくなるから、粒ぞろいになるということです。『キャンカフェ』の女のコたちは、エロく見せるメークやしぐさも女のコ同士で研究していた。そのパンチラ姿が入会金5000円でマジックミラー越しに見られるんだから、いつも夕方からはロリコン好きな30?40代のサラリーマンで40席ある男性フロアはギッシリでした」(風俗ライター)
 池袋店らしく、ほとんどの女子高生は埼玉県出身だが、もう“ダサイタマ”の時代ではないのだ。
「埼玉県の一部の女子高生たちは、『キャンカフェ』はチョー割のいいバイトだって有名。ミニスカでマンガ読んでケーキ食べて暇つぶしてる間に次々と指名が入る。客とデートに出るだけで3000円。3人もこなせば小遣いを十分稼げる。もっと稼ぎたいコは、店外デートして援交して1日2万?3万円。稼ぎ頭はそれが週に2?3日のペースだった」(メンバー経験のある女子高生)
 出会い系カフェは、いまでは全国に100店舗以上あるというが、「キャンカフェ」のように1カ月5000万円の売り上げを誇る大手もある一方、完全な「売春あっせん」目的の店も多い。
「東京都以外は、出会い系カフェを取り締まる条例や法律がないのが現状で、地方はやりたい放題です。激戦区の名古屋には、入会金が1万円を超える店もありますが、そこは“出会い系カフェという名の置き屋”です。店に入って女のコを選ぶまでは一緒ですが、あとはショート45分2万円?、ロング80分3.5万?4万円のどちらかを選ぶだけ。東京の大手チェーン店のように口説く手間もいりません。ケータイ番号を教えてもらって、2回目からは、女子高生と“直接デート”も大はやりです」(風俗ライター=前出)
「キャンカフェ」摘発のニュース、やりたい放題の出会い系カフェに、“衝撃”を与えたかどうか……。


個人情報の取り扱いについて

このページ内で掲載された氏名等の個人情報は、自動的に判断して伏字にしています。あらかじめご了承ください。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより