ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

ポルノ被害 : 「AV業界全体が悪く思われるのはイヤ」現役女優に「出演強要の報告書」について聞く (2016.03.11)

日時: 2016-03-11  表示:3851回

弁護士ドットコム 2016年03月11日 10時06分

NPO法人ヒューマンライツ・ナウが3月3日、「若い女性たちがアダルトビデオへ出演を強要されている」という被害実態をまとめた調査報告書を発表した。それ以降、インターネット上で、元AV女優や現役女優たちから、さまざまな声があがっている。

報告書によると、若い女性たちは「タレントにならない?」「モデルにならない?」といった言葉でスカウトされたあと、AVプロダクションから本人の意に反するかたちで、出演を強要されていたという。

この報告書をめぐって、元AV女優の川奈まり子さんは3月5日、フェイスブック上に「AV業界が悪くなってるってことはありません」「年を追うごとに良くなっていってるので、なぜ今、こういうふうに糾弾されるんだろう?と不思議に感じました」と投稿した。

現役女優の初美沙希さんも同日、ツイッター上で「少なくとも私が見ている今のAV業界は『とてもクリーンです』。自分の意志でやらせて頂いています。そしてたくさんの仲間も…」とつづった。

かさいあみ(旧:河西あみ)さんも3月4日、ツイッター上で「無理やり出されてる人一人も見た事ないのですが」と疑問を呈した。現役AV女優から見て、今回の報告書はどう映ったのだろうか。出演を強要されるようなことはないのだろうか。かさいあみさんに会って、インタビューした。

●「私の実感からかなり遠い」

――今回の報告書を読んでどう思いましたか?

あの報告書は、私の周りでもかなり話題になりました。

私は、この業界に6年くらいいますが、たしかに女の子たちの多くはすごく繊細だし、純粋で心の弱いところがあると思います。だけど、私がこれまで見てきた限り、無理やり出演させられたという子は一人もいません。私の実感からかなり遠いです。

――本当に、無理やり出演させられるようなことはないのでしょうか?

昔はそういうこともあったかもしれませんが、今はこの業界のルールも本当に厳しいです。契約から撮影するまで、いくつもの段階を踏まないといけません。

たとえば、きちんと契約書を交わさないとプロダクションに所属できません。そのためには、年齢確認のための身分証が必要だったり、今年からはマイナンバーも提出しないといけなくなりました。

プロダクションの面接でも、チェックシートが用意されていて、「●●はできない」とか「●●はできます」といったことを自分で決めることができます。

――プロダクションに入ったあとも、出演を断ることはできるんですか?

できると思います。たとえば、メーカーを回ったあと、撮影本数や撮影日を決めていきますが、それまでに断ろうと思えば、断れるタイミングがいくつかあるんです。

私も、この仕事を始める前、なかなか踏ん切りがつかない期間がありました。たとえば、宣材用の写真はふつう裸で撮るんですけど、私は下着で撮りましたし、そのあとのメーカー面接でも「まだ心の準備が・・・」と言って、待ってもらったりしていました。
●「やるかやらないかは自分しだい」

――ちなみに、かさいさんが業界に入ったきっかけは?

たまたま憧れている女優さんと出会ったことがきっかけです。

私はもともと、人前に出ることが好きでした。さすがにAVは、親のこととかあると思ったんですけど、その女優さんから話を聞いていくうちに、「もしかしたら、芸能界よりもちゃんとしているかもしれない」って思ったんです。

私の周りにも、スカウトがきっかけじゃなくて、自分から応募したという子が圧倒的に多いです。

――業界に入る前は、どんなイメージがあったんですか?

もっとぶっ飛んでいるイメージでした。今から考えると偏見ですけどね。

だけど、きっかけをくれた女優さんは、エイズ撲滅のキャンペーンを街頭に一人で立ってやっているような人です。ほかにも、「おじいちゃんのために老人ホームを建てた」という子の話も聞きました。こういう真面目なエピソードは、全然前に出てこないんだなあと思います。

――AV女優のギャラは高いですか?

有名な女優さんはたくさんもらっているかもしれないけど、平均したら、そんなに高くはないと思います。不景気なので、売れなかったら、すぐに切られます。だから、本当に好きな人しかやっていけなくなりつつあります。ブログやツイッターを更新したり、毎週のようにサイン会をやったりできるような子が残っていくと思います。

――やりがいは何ですか?

私の場合は、ファンがすごく好きだということです。最近では、どのイベントに行っても、女の子のファンがいるし。ファンが必要としてくれるなら、という感じですね。

――今回の報告書には、人気が落ちれば激しいプレイを求められていくということが記されています。そういうことはありますか?

それはありますね。たとえば、「中出し解禁」とか「アナル解禁」とかが増えていきます。同じことばかりやっていると飽きられていくし、どんどん若くて可愛い子が出てくるから、新しいことに挑戦していかないといけない。

だけど、それも断ることができますよ。やるかやらないかは自分しだいです。

――かなりハードな仕事だと思いますが、やめたいと思ったことはありますか?

これまで何度もやめようと思ったことがあります。たとえば、仕事がなかったときですね。何を頑張ればいいのかわからなかった。仲の良い女優さんがやめたときも「私もやめどきかな?」と考えたことがあります。

あとは、親にバレたときに、本当にやめようかなと思いました。だけど、中途半端な途中退場がイヤだったんで、それも親にもちゃんと言って続けることにしました。

●「悪いプロダクションは撲滅したほうがいい」

――かさいさんの周りに、出演したことを後悔しているような人はいますか?

何もかも終わったあと「やっぱりイヤだった」っていう子は、たまにいますね。あと、途中から自己嫌悪に陥ってしまう子とかも。

AVに出演するって、一世一代のことだと思うんです。一生残るから、慎重になるべきだし、覚悟は必要だと思います。

――かさいさんの知らないところで、無理やり出演させられているようなことがあったら、どう思いますか?

悪いプロダクションが本当にあるなら、絶対に撲滅したほうがいいと思います。

だけど、繰り返しますが、私はイヤなことを無理やりやらされたことはありません。台本に書いてないことをやらされそうになっても「書いてませんよ」って言っていい世界なんです。

――無法地帯ではないんでしょうか?

全然ちがいますね。たしかに、クリーンじゃないとは思いますが、無法地帯だったらもっとひどいことになっていると思いますよ。どこの業界も悪いところがあるし、クリーンなところって一つもないと思っています。

最近は、AV女優も芸能人みたいな扱いをされているけれど、私は芸能人とは思いません。だけど、なくてはならない仕事だと思っています。

年間2000人のAV女優がデビューしていると聞きますから、私が見てきた世界も、ほんの一部だとは思います。だけど、報告書の女の子たちも一部だと思うし、監督やメーカーからすれば、別の見方があるかもしれません。

あの報告書に書いてあるように「業界全体が悪」みたいに思われるのはイヤなんです。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより