ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

児童ポルノ : 援助交際周旋:サイト悪用、利益740万円 懲役2年6月求刑??家裁 /千葉

日時: 7202-08-07  表示:5764回

5月30日13時3分配信 毎日新聞

 携帯電話の出会い系サイトで計約370人を集め、女子中学生ら計5人にわいせつな行為をさせたとして、児童ポルノ禁止法違反(周旋)の罪などに問われた住所不定、無職、****被告(33)の初公判が29日、千葉家裁(松野勉裁判官)であった。
* **被告は起訴事実を認め、検察側は「金銭欲のために多数の少女に援助交際の相手を周旋した行為は悪質極まりない」として、懲役2年6月を求刑、即日結審した。
 論告などによると、**被告は三重県四日市市松本、会社員、****被告(31)=同罪で公判中=らと共謀。07年6月、松戸市内のホテルで、中学3年の女子生徒(当時15歳)と埼玉県の無職少女(当時17歳)を、白井市の***(44)=同法違反罪で罰金50万円の略式命令=に引き合わせ、わいせつな行為をさせた。
 無職少女に計約300人、女子生徒に計約50人、別の当時16歳の少女に計約20人の相手をさせるなどし、740万円以上の不正な利益を得ていた。
* **被告は、援助交際を求める少女になりすまして出会い系サイトに書き込みをし、応じてきた相手に生徒らを紹介していた。生徒らからは仲介料などと称し、客から受け取った現金のうち3分の2を回収していた。【斎藤有香】


個人情報の取り扱いについて

このページ内で掲載された氏名等の個人情報は、自動的に判断して伏字にしています。あらかじめご了承ください。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより