ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

国際 : リベンジポルノ運営者、一部罪認める=「ネット上で最も嫌われた男」―米 (2015.02.20)

日時: 2015-02-23  表示:4167回

時事通信 2月20日(金)19時9分配信

 【ロサンゼルスAFP=時事】米国で元交際相手の裸の写真や動画をインターネット上に掲載する「リベンジポルノ」のサイトを運営して逮捕され、「ネット上で最も嫌われた男」(米誌ローリング・ストーン)と呼ばれた被告が最近、ロサンゼルスの連邦検察に対し罪を一部認めたことが分かった。
 ハンター・ムーア被告(28)はかつて、自らが運営するサイトを「復讐(ふくしゅう)に燃える人々が心の平安を求めて来る場所だ」と正当化していた。
 18日に裁判所に提出された資料によれば、被告はハッキングとIDを盗んだ二つの罪を認めることに同意。保護観察官の許可なしではパソコンを使えなくなった。今後、最高で禁錮7年が言い渡される可能性がある。
 被告が運営していたサイトは2012年4月に閉鎖に追い込まれるまで1日35万人が閲覧していたとされる。 


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより