ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

ポルノ被害 : 綾瀬はるかさんら8人勝訴=合成画像で人格権侵害―東京地裁 (2015.01.30)

日時: 2015-01-30  表示:3408回

時事通信社 2015年1月29日 18時51分

 女優の綾瀬はるかさんや石原さとみさんら8人が、自分の写真と胸部のイラストを合成した画像を載せた週刊実話の記事で人格権などを侵害されたとして、発行元の日本ジャーナル出版側に1人当たり1100万円の損害賠償などを求めた訴訟の判決が29日、東京地裁であった。長谷川浩二裁判長は人格権の侵害を認め、同社側に1人80万円、総額640万円の支払いを命じた。

 長谷川裁判長は「イラストは一見して合成と判別できないほど精巧。女性に強い羞恥心や不快感を抱かせ、自尊心を傷つける記事だ」と述べた。

 原告側は、著名人が自分の名前や写真などの商業的価値を独占的に利用できる「パブリシティー権」の侵害も主張。長谷川裁判長は「記事は読者にヌードを妄想させることが目的とみられ、ファンらが写真を入手するために雑誌を購入するとは考えがたい」として退けた。

 週刊実話編集部の話 判決文が届いておらずコメントできない。 


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより