ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

国際 : 世界の女性3人に1人がDV被害、WHO報告書 (2014.11.21)

日時: 2014-11-25  表示:3381回

AFP=時事 11月21日(金)12時7分配信

【AFP=時事】世界保健機関(World Health Organization、WHO)は21日、世界の女性の3人に1人が家庭内暴力(ドメスティックバイオレンス、DV)の被害に遭っており、DVを防止するための努力は世界的に不足しているとする一連の調査結果をまとめた報告書を発表した。

 世界の女性のうち、女性器切除(女子割礼)を経験した人は1億〜1億4000万人、本人の意思に反する場合が多い18歳未満での結婚は約7000万人に達する。また、世界の女性の約7%が性的暴行の危険にさらされているという。

 このほか、紛争下や人道的危機の状況下で特に深刻化する暴力は、被害者に深刻な身体的、精神的影響を及ぼす点が指摘された。

 さらに報告書は、厳格かつ進歩的な法律が施行されている場合でも、多くの女性たちが差別や暴力、保健や法律関連のサービスが十分に利用できないという被害に遭っていると指摘している。

 WHOのクラウディア・ガルシアモレノ(Claudia Garcia-Moreno)医師は、「暴力の被害に遭っている女性や子どもの早期発見と支援などの効果的な対応が、女性たちの生活改善と幸福につながり、生きるために不可欠なサービスの利用にもつながる」と述べている。【翻訳編集】 AFPBB News


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより