ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

ポルノ被害 : ラグビー部員が後輩の裸送信 京都市立中「悪質ないじめ」 (2014.08.20)

日時: 4044-06-18  表示:3776回

京都新聞 8月20日(水)9時29分配信

 京都市立中学校のラグビー部の3年男子部員3人が、後輩8人の裸の下半身を撮影し、複数枚の写真を無料通話アプリ「LINE」で友人に送っていたことが19日、学校などへの取材で分かった。暴行や恐喝行為もしており、学校は「悪質ないじめだった」としている。
 学校などによると、部員3人が撮影したのは、2年だった3月の春合宿中で、後輩8人に下着を脱ぐように強要したという。
 学校の説明では、部員3人は昨秋ごろから、部活動中や試合の帰り道に後輩の頭や肩をたたいたりするようになった。特定の後輩を集中的にタックルの練習と称して頭から落としたり、試合の帰りに駅のホームで線路に降りるよう指示したことがあった。後輩8人のうち、6人から複数回、お金を脅し取っていたという。
 学校によると、今年4月中旬、保護者が学校に相談して発覚した。学校は、公式戦を欠場するとともに、ラグビー部の活動を停止した。部員3人は後輩8人に謝罪した。学校の聞き取り調査に、部員は「いたずらで許されると思っていた」との趣旨の説明をしているという。
 校長によると、部活は5月下旬に再開したが、後輩8人のうち1人しか参加していない。校長は「悪質ないじめで、あってはならないことだった。指導を徹底している」と話している。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより