ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

ストーカー : <群馬女性射殺>ストーカー容疑者、相手殺害後の自殺相次ぐ

日時: 2014-02-21  表示:4101回

毎日新聞 2月21日(金)11時31分配信

 ストーカー行為の加害者と疑われる人物が元交際相手を殺害した後、自殺したとみられる事例は、過去にも繰り返されてきた。

 神奈川県逗子市では2012年11月、三好梨絵さん(当時33歳)が、以前交際していた男(同40歳)に刺殺され、男は自殺した。男が11年6月、三好さんに対する脅迫容疑で逮捕された際、県警が逮捕状に記載された三好さんの結婚後の姓や住所の一部を読み上げたことなどから、男は住所を割り出したとみられる。

 長野県飯田市では昨年2月、鹿島田淳さん(当時19歳)が自宅で殺害され、おばの元交際相手で30代の男が車の中で練炭を使い自殺。おばは事件前に「ストーカー行為を受け、『自宅に火を付ける』などと脅迫されている」などと県警飯田署に相談していた。同署はストーカー規制法に基づき男に電話で警告し、自宅などに署員を張り込ませて警戒に当たっていたが、事件を防げなかった。【井上英介】


個人情報の取り扱いについて

このページ内で掲載された氏名等の個人情報は、自動的に判断して伏字にしています。あらかじめご了承ください。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより