ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

国際 : インドでまたも集団レイプ―デンマーク人女性が被害 (2014.01.16)

日時: 2014-01-23  表示:3054回

ウォール・ストリート・ジャーナル 1月16日(木)11時13分配信

  【ニューデリー】インドの警察当局が明らかにしたところによると、ニューデリーで14日夜、デンマーク人の女性観光客(51)が集団レイプされ、所持品を奪われる事件が起きた。女性は事件の翌日にインドを出国した。同国では残虐なレイプ事件が相次いでおり、国内外で関心を呼んでいる。

 この女性は、博物館から徒歩でホテルに帰る途中、道を尋ねようと立ち止まったところ、ナイフを持った犯人グループに声を掛けられた。女性が警察に語ったところでは、8人の男に乱暴された後、人気のない道路に放置されたという。

 地元警察によれば、犯人グループは捕まっていないが、容疑者は特定され捜査が行われているという。

 2012年にニューデリーで23歳の女子学生が集団レイプされ死亡した事件を受け、インド国内で女性蔑視の風潮に対する批判が高まり、女性保護のための法律が制定された。

 性犯罪が公に議論され、レイプされた女性が被害届を出すようになり、デリーで報告された13年のレイプ件数は12年の2倍以上に達している。

 旅行会社によると、レイプに関する報道を受けてインドの海外での評判は落ちている。インド観光局によれば、昨年の外国人観光客の増加率は08年以降で最低となった。

 昨年12月には、6月に米国人観光客を集団レイプした3人の容疑者に有罪判決が言い渡された。8月には、3月にスイス人観光客を集団レイプした6人の容疑者が終身刑を宣告されている。

 インド当局は、人気観光地の警備態勢を強化するとともに、旅行業者に対して女性観光客への配慮を求めるキャンペーンを開始したと話している。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより