ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

国際 : 米アダルト映画業界、HIV陽性報道で制作休止状態 (2013.09.11)

日時: 2013-09-13  表示:3423回

AFP=時事 9月11日(水)18時58分配信

【AFP=時事】前週末、ポルノ俳優で4人目とされるHIV(ヒト免疫不全ウイルス)の陽性結果が報じられたために制作を一時中断している米アダルト映画業界は10日、報道は根拠がない「政治的駆け引きだ」と反論した。

 米ポルノ制作者らが加盟する業界団体「フリースピーチ連合(Free Speech Coalition)」のダイアン・デューク(Diane Duke)氏は、ポルノ俳優で4人目となるHIV陽性結果が出たとする報道に疑問を呈し、アダルト映画の撮影現場でのコンドーム使用の義務化を推進しているエイズ医療財団(AIDS Healthcare Foundation、AHF)に矛先を向けた。

 デューク氏はAFPの取材に対し「4人目の陽性結果に関する証拠はない。この発表はAHFによる政治的駆け引きではないか」と批判した。

 米アダルト映画業界は8月、女優のキャメロン・ベイ(Cameron Bay)さんがHIV検査の結果、陽性と判定されたことを受け、映画制作を一時休止した。次にベイさんと関係があった俳優ロッド・デイリー(Rod Daily)さんがマイクロブログのツイッター(Twitter)上で、自身も陽性だったと発表した。制作は1週間ほどで再開されたが9月に入り、6日に業界の嘱託医からフリースピーチ連合に3人目の陽性判定が報告されたため、米アダルト業界は同日、全米規模で再び制作休止を宣言した。

 デューク氏は、制作休止宣言は現在も全米で有効だと述べた上で、解除へ向けて必要な措置を医療顧問団と協議中だと述べた。

 一方、AHFのマイケル・ウェインスタイン(Michael Weinstein)氏は4人目とされる報告について、米紙ロサンゼルス・タイムズ(Los Angeles Times)に対し 「男性俳優から検査結果が陽性だったと明かされた」とだけ述べている。

 またAHFの広報は10日、AFPに対し、これまでに陽性が確認されているのは、1人目のベイさんと3人目とされる女優だけで、デイリーさんに関しては現在のところ、本人がツイッター上で発表しただけで確認されていないと語った。【翻訳編集】 AFPBB News


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより