ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

国際 : アダルトビデオを語る国際会議、台北で開催 (2013.05.19)

日時: 2013-06-27  表示:2927回

フォーカス台湾 2013/05/19 15:28

(台北 19日 中央社)台北市内で18日、婦女救援基金会の主催するアダルトビデオ鑑賞に関する座談会があり、オランダやオーストラリア、アメリカなどの専門家が暴力的な性行為とAVの影響などについて話し合った。

基金会ではこれに先立ちAV鑑賞についてのアンケート調査を行っており、19日付けの「自由時報」によると、台湾男性の21.8%が毎日AVを見ており、最も人気が高いのは日本と韓国の作品だったという。

アンケートは「AV鑑賞がパートナーとの関係に与える影響」「AV依存症の初期症状」の2点の解明を目的に行われ、鑑賞率の高い人ほど集団強姦やSMなど暴力的な内容を好む傾向があることを示していた。

座談会に出席した米ニューヨーク大の孫晴峰准教授が昨年行った調査では、台・米・英・独・伊・韓の6カ国のうち台湾は最もAV鑑賞率が高く、一方で性生活への満足度は非常に低かったといい、基金会ではAVの見すぎは不健全な異性観をもたらしDVや犯罪につながると警告している。

(編集:高野華恵)


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより