ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

児童ポルノ : 家出少女、チャットのワナ…軟禁されポルノ中継 (2013.05.01)

日時: 2013-05-01  表示:2889回

読売新聞 5月1日(水)11時17分配信

 インターネット生中継のライブチャットに17歳の少女を出演させみだらな行為をさせていたなどとして、今年2月、3人の男が児童買春・児童ポルノ禁止法違反容疑で警視庁に逮捕された。

 ウェブカメラとパソコンさえあれば始められるライブチャット。運営コストを低く抑えられるアダルトサービスとしても急増しているが、行く当てのない家出少女を食い物にする児童ポルノの温床にもなっていた。

 「助けて。私ここに監禁されているの」

 昨年12月半ば。パソコンの画面に映し出された全裸の少女がこう訴えかけてきた。少女はネットの向こうの視聴者に、自分の名前や監禁している男の名前、東京都足立区内のマンションの住所も伝えた。

 警察関係の団体に匿名の電子メールで通報があったのはその直後の18日。警察官がマンションに踏み込み、少女を保護した。

 少女は17歳。昨年3月に栃木県の実家を飛び出したという。行き場に困った少女がライブチャットに出演するようになるまで1か月とかからなかった。

 最初は池袋の雑居ビルに、同9月からは足立区のマンションに移り、ほぼ毎日午後10時から翌日午前3時ごろまで出演。視聴者と会話したり、求めに応じてわいせつな行為を見せたりしていた。売り上げは月100万円ほどあったが、少女は週に4000円しか受け取っておらず、4畳半の一室でほぼ軟禁状態だったという。少女は警察官に「行くところがなかったので、出演せざるを得なかった」と話したという。

 児童買春・児童ポルノ禁止法違反容疑で警視庁に逮捕され、罰金50万円の刑が確定した3人のうち、元チャッ****(34)は読売新聞の取材に「17歳の少女を出演させるのは違法だと知っていたが、職がなくて金に困っていた。この方法なら簡単に稼げる」と動機を明かした。「家出少女なら、繁華街やネット掲示板で募集すればすぐ見つかる。住む場所さえ提供すればいいのだから」。サービスを始めるのに必要なのは、パソコンと1万円程度のカメラだけ。元運営者は「初期投資は10万円。誰でもできる稼業だ」と話した。


個人情報の取り扱いについて

このページ内で掲載された氏名等の個人情報は、自動的に判断して伏字にしています。あらかじめご了承ください。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより