ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

児童買春 : 売春:少女にさせる 容疑で夫婦を検挙 出会い系サイトで客募る−−熊本東署 /熊本 (2013.04.24)

日時: 2013-04-30  表示:3138回

毎日新聞 4月24日(水)15時3分配信

 熊本東署などは23日、家出少女に売春をさせていたとして、熊本市東区西原、無職、****容疑者(24)を児童福祉法違反(淫行させる行為)、売春防止法違反(周旋)容疑で逮捕し、無職の*(22)も同容疑で熊本地検に書類送検したと発表した。署によると、11年12月から約600回売春させ、800万〜900万円を稼がせていたとみられるという。

 容疑は共謀して昨年9月、県内に住む高校生だった少女(当時17歳)に、18歳未満と知りながら同市のホテルで計2回、男性客相手に売春をさせたとしている。「何かもうけ話はないかと考えていた」などと、いずれも容疑を認めているという。
 署によると、インターネットの出会い系サイトで客を募り、少女をホテル近くまで送迎。1回1万3000〜5000円程度で、多い時には1日に5人も相手をさせていた。**容疑者は稼がせた金の約4割を受け取っていたという。
 11年12月、家出中の少女と市内で知り合い「働かないか」と誘い、知人宅を転々としていた少女にマンションに住むよう紹介していた。昨年9月、事情を知った少女の母親が相談し発覚した。【丸山宗一郎、志村一也】
4月24日朝刊


個人情報の取り扱いについて

このページ内で掲載された氏名等の個人情報は、自動的に判断して伏字にしています。あらかじめご了承ください。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより