ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

その他 : 出会い系サイト悪用犯罪、増える、少女の被害―昨年、買春など20人に/岐阜

日時: 2007-05-04  表示:7067回

[毎日](2004年1月23日)
 ◇18歳未満
 出会い系サイトを利用した少女の犯罪被害が県内で増加傾向を示している。県警の調べでは、昨年1年間に児童買春、県青少年健全育成条例違反で18歳未満の被害者は20人に上り、02年の8人を大きく上回った。中学生が6割を占めるなど低年齢化しているのも特徴。凶悪事件につながるケースもあり、昨年9月、養老町の19歳女性が出会い系サイトで知り合った男に殺害される事件が発生。県警少年課は「出会い系サイトの危険を十分認識してほしい」と注意を呼びかけている。
 県警少年課によると、昨年1年間の出会い系サイトから始まった犯罪の検挙数は22件・20人で、02年の12件・11人、01年の9件・9人に比べ大きく増えた。特に昨年は、被害者20人のうち▽中学生12人▽高校生6人▽有職少女1人▽無職少女1人。中学生は01、02年の4人に比べ一気に12人となった。
 出会い系サイトの利用は、親などが知らないところで、携帯電話を通じて利用しているケースが多い。警察庁が02年前半に発生した出会い系サイト関連の事件793件を追跡したことろ、95・6%(758件)が携帯電話から利用していた。投稿されているメッセージの8割が性交渉が目的で、金銭授受などを条件にした内容だったという。
 県警少年課は、サイトの危険性をホームページや広報を使って啓発。「出会い系サイトは気軽に利用できるところに落とし穴がある。大きな犯罪に発展するので、絶対利用しないように」と話している。【式守克史】


個人情報の取り扱いについて

このページ内で掲載された氏名等の個人情報は、自動的に判断して伏字にしています。あらかじめご了承ください。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより