ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

国際 : 韓国で「児童ポルノ」所持に懲役刑など罰則強化へ (2013.04.03)

日時: 2013-04-03  表示:2768回

2013年04月03日 TBSNews

 子どもをわいせつな写真や画像の被写体にする、いわゆる「児童ポルノ」の被害が問題になっていますが、韓国では営利目的ではない所持に対しても懲役刑を科すなど罰則が強化されることになりました。

 韓国で規制が強化されるのは、子どものわいせつな写真や画像など、いわゆる「児童ポルノ」に対する規制です。

 韓国では、営利目的に限らず自分の好奇心を満たす目的であっても、児童ポルノの所持が禁止されています。これまで、違反者には最高2000万ウォン、およそ166万円の罰金が科せられていましたが、6月からは新たに「1年以下の懲役刑」が罰則に加えられます。

 児童ポルノについては、特にインターネットを通じたやりとりが世界的に問題になっていて、韓国も例外ではありません。日本では自分の好奇心を満たす目的の「単純所持」については禁止されていませんが、自民、公明の両党は、こうした「単純所持」についても懲役や罰金を科す「児童ポルノ禁止法」の改正案を国会に提出する方針です。(02日20:59)


個人情報の取り扱いについて

このページ内で掲載された氏名等の個人情報は、自動的に判断して伏字にしています。あらかじめご了承ください。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより