ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

国際 : 経営する学校で次々レイプ? =作家行方くらます―印 (2013.04.02)

日時: 2013-04-03  表示:2452回

2013年04月02日 時事通信

 【ニューデリーAFP=時事】レイプ被害が後を絶たないインドで、慈善活動家としても知られた作家が、経営する学校で雇っていた調理係の女性5人から「レイプされた」と訴えられ、行方をくらましている。
 渦中の作家ラクスマン・マネ氏(63)は西部マハラシュトラ州の公用語マラティ語の作品で有名。同州サタラ在住で、輝かしい受賞歴と同時に、貧しい子供のための学校を経営する信託協会の理事長でもあった。
 しかし「3月25日に訴えられた後は逃亡中」(警察)で、被害女性によると「正社員にしてあげる」と約束しておびき出しては職員室、倉庫、学食、来客用宿泊施設で犯行を繰り返していた。 


個人情報の取り扱いについて

このページ内で掲載された氏名等の個人情報は、自動的に判断して伏字にしています。あらかじめご了承ください。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより