ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

盗撮 : 盗撮判事補、弾劾裁判で「20回以上」と指摘 (2013.03.13)

日時: 2013-03-16  表示:2548回

2013年03月13日 読売新聞

 電車内で女性を盗撮し、50万円の罰金刑を受けた大阪地裁の華井俊****(28)の罷免について審理する弾劾裁判の初公判が13日、国会の裁判官弾劾裁判所(裁判長・谷川****議員)であった。

 華井判事補は訴追事実を全面的に認め、「下劣な犯罪で司法への信頼を大きく揺るがしたことを、深くおわびしたい」と頭を下げた。即日結審し、判決は4月10日。

 裁判官訴追委員会は、判事補が任官後の2011年春から逮捕される12年8月まで、盗撮を20回以上繰り返したと指摘。「常習的な犯罪で、違法性は極めて高い。裁判官としての資質がなく、罷免されるべきだ」などと主張した。

 判事補の弁護人は「犯罪自体は軽微で、本人も退官願を出している。罷免しなければならないほどではない」として、法曹資格を失う罷免の回避を求めた。


個人情報の取り扱いについて

このページ内で掲載された氏名等の個人情報は、自動的に判断して伏字にしています。あらかじめご了承ください。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより