ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

痴漢 : 法廷ブルース:身勝手な男の末路 (2013.03.08)

日時: 2013-03-13  表示:2397回

2013年03月08日 毎日新聞

 「非常に面目なく、恥ずかしく、何とも言えない心境であります」。裁判官や検事に礼をして証言席についた男は、かしこまって言った。

 昨秋、朝の電車で女子高生に背後から自分の陰部を押しつけて捕まった。古希を迎えた昨春から、痴漢での検挙は3度目。罰金刑と執行猶予付きの判決を立て続けに受けていた。

 「どうして昨年、突然?」。弁護士の質問に男は言った。「70歳を過ぎて仕事もなく、人と接することがなくなった。独りで寂しく、自分のモラルがなくなりました」

 「すべてがはがれ落ちる感じ」「他人とも接触がなくなる不安感」。弁護士によると、供述調書にそんな表現があった。

 中卒後、職を転々とした。鉄工所、肥料会社、原発。福岡で妻と娘らと暮らしたが「平成の初めに家を出た」という。妻は15年前に他界した。

 名古屋から福岡に戻ったのは2度の有罪判決を受けた後だった。「娘に一度、会いたいという気持ちがあって」。だが、連絡を取る勇気がないまま、温泉施設に寝泊まりを続けているうちに3度目の事件に走った。

 弁護士によると、男は逮捕後、娘への連絡を断ったという。「私の至らぬことで、なおさら機会をなくしました。子供にすまないという気持ちもあり、私の意地で拒否した」。だが、年が明けると、男は娘への連絡を望んだ。「独房の中で、会いたいという思いが募りました」

 娘からの便りはまだない。弁護士は言った。「娘さん、同じところに住んでいるんですよ。お父さんを待ってるんじゃないですかね」。男は答えなかった。泣いていた。

 「本当にこれで最後にしますか」。検事は男の反省を確かめた。

 男は答えた。「私の命は長くありません。死ぬ間際まで人に迷惑をかけることはしたくない」

 「私については厳重な処分でお願いしたい」。最後にそう言った男に3週間後、懲役8月の実刑が下った。【遠藤孝康】


個人情報の取り扱いについて

このページ内で掲載された氏名等の個人情報は、自動的に判断して伏字にしています。あらかじめご了承ください。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより