ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

ストーカー : ストーカー被害の認知最多 神奈川、逗子事件影響か (2013.02.21)

日時: 2013-02-22  表示:3039回

2013年02月21日 産経新聞

 神奈川県警は21日、昨年1年間にストーカー被害者からの相談などで認知した事件やトラブルが計782件に上り、2000年のストーカー規制法施行後に統計を取り始めて以降最多となったと発表した。前年比で計261件増の1・5倍となった。

 県警は、長崎県西海市で11年12月、ストーカー被害に遭っていた女性の親族2人が殺害された事件や、神奈川県逗子市で昨年11月、元交際相手に女性デザイナーが殺害された事件の影響で、相談が増えたとみている。

 県警によると、規制法の適用状況は、ストーカーの疑いのある人物に書面で警告したケースは前年比12件増の67件で、逮捕したケースは同2件増の5件。脅迫や暴行、傷害容疑で摘発したのは同53件増の76件だった。


個人情報の取り扱いについて

このページ内で掲載された氏名等の個人情報は、自動的に判断して伏字にしています。あらかじめご了承ください。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより