ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

児童ポルノ : 「19歳イケメン」装い少女を次々…ブログとメールで“服従”させた41歳・無職男の「驚愕猥褻」 (2013.02.16)

日時: 2013-02-17  表示:3753回

2013年02月16日 産経新聞

 「趣味はサッカーの19歳。彼女募集中です!」。爽やかな誘い文句と白い歯をのぞかせるアイドルっぽいイケメン画像で少女たちをだまし、次々とわいせつ行為に及んでいた41歳の男が児童買春・児童ポルノ禁止法違反(買春、製造)などの容疑で大阪府警に逮捕された。少女たちをおびき寄せたのは、出会い系サイトでもSNSでもなく、ただのブログ。イケメン男子の画像、甘い言葉のメール、そして最後は「元ヤクザ」と恫喝(どうかつ)…。少女たちの淡い恋心を弄び、被害届すら出せないほどの心の傷を負わせた卑劣な手口とは。

発覚のきっかけは痴漢

 平成24年6月、大阪市北区の中津駅で、阪急宝塚線の電車内で府内の高校2年の女子生徒(16)の下半身を触ったとして男が現行犯逮捕された。それが住所不定の無職、****被告(41)=公判中=だった。

 事件はこれだけではなかった。大阪府警大淀署の捜査員が**被告の携帯電話を調べたところ、看過できない画像が次々と出てきた。10代と思われるまだあどけない少女の裸の画像。捜査員が問い詰めると、**被告は驚愕(きょうがく)の“入手ルート”を明かした。

*** **被告の手口は以下の通りだ。インターネット上にブログを開設し、プロフィル欄にはネット上で見つけた別人の画像を勝手に使用。茶色に染めた髪を短く整えた一般人のイケメンだ。年齢は19歳。さっそく書き始めた日記の内容は、若者に人気のミュージシャンやスポーツの話題など、他愛もないものばかり。自分からは女性にメールを送らず、ひっそりと獲物が近寄ってくるのを待った。

 間もなく、“同年代”の少女らからコメントが付き始める。すると、さっそくメールアドレスを聞きだし、個別にやり取りをスタート。受験を控えた女子生徒らからは悩みを聞いてやり、勉強を教えることもあった。朝の「おはようメール」から「今サッカーしている」などこまめにメールを送り、徐々に「好きだよ」などと甘い言葉をちりばめる。女子生徒はすっかりイケメンと交際している気分になっていた。

「そいつはヤクザ」の本人登場

 「今度会おうよ」。女子生徒の心をつかむと、**被告はいよいよ仕上げにかかる。「大好きな彼にやっと会える」と期待に胸を膨らませる女子生徒。だが、待ち合わせ当日、姿を見せないで1通のメールを送りつける。「遅れるので友人とホテルで待っていてほしい」。

 しばらくすると、気落ちした女子生徒の前に男が姿を現す。19歳のイケメンとはかけ離れたくたびれた中年男。それが**被告だった。普通なら疑うところだが、恋に落ちている女子生徒は「大好きな彼が自分を裏切るわけがない」と、**被告に連れられるままラブホテルに入ってしまう。

 ホテルの部屋に入ってまもなく、再び女子生徒の携帯電話にメールが届く。「その男は元ヤクザだから言うことを聞いた方がいい」。突然の恫喝におびえる女子生徒に**被告はゆっくりと近づき、体に手をかける。まずは裸体を撮影し、その後、性行為に。ただ、抵抗された場合はおとなしく引き下がる。脅し文句を言ったり、乱暴を加えたりすることはない。それでも、女子生徒は余りの恐ろしさに**被告の言葉に従ってしまうという。

 待ち合わせ当日に送るメールの文面をわずかに変えた場合もあったが、大体はこの手口で犯行に及んでいたという。同署は今年1月、大阪や奈良などの13〜17歳の中高生8人にわいせつ行為をしたとして、**被告を大阪地検に最終送致した。

 被害者の中には犯行当時はつい半年前まで小学生だった中学1年の女子生徒も含まれていたほか、2年間で4回も被害に遭った女子生徒も。また、**被告の“リクエスト”にこたえ、通っている学校の制服を持参した被害者もいたという。

 ただ、「これはあくまで氷山の一角」(捜査関係者)という。**被告は「若い子の制服姿が好きだった」とゆがんだ性癖を告白するとともに、「ほかにも20〜30人くらいの中高生に同じようなことをした」と供述。しかし、被害に遭ったという女子生徒宅を捜査員が訪れると、多くの少女が沈痛な面持ちでこうつぶやいた。

 「もうそのことを思い出したくないんです…」

 淡い恋心につけ込まれ、心に深い傷を負った少女の多くは、被害届の提出もできず泣き寝入りするしかなかった。

インターネットに潜む甘い罠 

 未成年の少女がネット上で知り合った男性と実際に会い、犯罪に巻き込まれるケースは多々ある。

 昨年5月、知的障害のある女子中学生が、出会い系サイトで知り合った男にホテルに連れ込まれた。少女に知的障害があると知りながら暴行を加えたのは、陸上自衛隊信太山駐屯地の自衛官。この自衛官は同年11月、府警枚方署に準強姦容疑などで逮捕された。

 19年4月には、大阪市内に住む少女(15)が無職男(33)に静岡県の自宅まで電車で連れていかれて軟禁された。約3カ月間に渡って繰り返し乱暴されたほか、コンビニで働かされて生活費を徴収され、逃げようとすると顔を殴るなどの暴力を受けた。7月に男が寝ているすきに自宅へ逃げ帰って事件が発覚、男はわいせつ目的誘拐容疑で逮捕された。

男の仮面にだまされる少女たち

 この種の犯罪はネットの普及とともに生まれた比較的新しい犯罪といえる。警察当局も危機感を強め、20年には出会い系サイト規制法を施行。警察庁によると、出会い系サイトなどが原因で犯罪被害にあった児童の数は23年で1367人と、20年の1516人から減少したものの、依然高い水準のままで決定的な対策が取れていないのが実情だ。

 また、被害者の多くは実際に会うまでにメールのやりとりを重ね、被害に遭う直前まで男に信頼を寄せているケースが多いという。なぜ、少女たちは獣のような男がかぶった仮面にだまされてしまうのか。

 ある捜査関係者は「10代の少女は多感な時期で、恋愛への興味が非常に高い一方、経験が少ないので無防備。自分たちが犯罪の対象になり得るという自覚や、世の中には平気で少女を傷つける男がいるという認識がない」と指摘。その上で大人に対しても注意を加えた。「見知らぬ男と簡単に知り合えるネットとの距離感を大人がしっかりと教えて、子供を守っていかなければならない」。


個人情報の取り扱いについて

このページ内で掲載された氏名等の個人情報は、自動的に判断して伏字にしています。あらかじめご了承ください。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより