ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

国際 : 聖職者による性的虐待被害者の団体、ローマ法王の退位を歓迎 (2013.02.12)

日時: 2013-02-12  表示:2267回

AFP=時事 2月12日(火)8時52分配信

【AFP=時事】ローマ法王ベネディクト16世(Benedict XVI、85)が11日に高齢を理由に退位すると表明したのを受け、聖職者による性的被害者の団体「SNAPオーストラリア(Survivors Network of those Abused by Priests (SNAP) Australia) 」は、ベネディクト16世は聖職者が児童に性的虐待を行う恐ろしい状態の解消にほとんど尽力しなかったと批判し、退位を歓迎する声明を発表した。

AAP(Australian Associated Press)通信によると、SNAPオーストラリアの広報担当者、ニッキー・デービス(Nicky Davis)氏は「聖職者が児童に性的虐待をするという恐怖の状態を終わらせるのにほとんど何も手を尽くさなかった、計り知れない権力を持つ聖職者の退位を被害者は歓迎している」と述べるとともに、「被害者の目からみれば、ヨゼフ・ラッツィンガー(Joseph Ratzinger、ベネディクト16世の本名)は自ら、被害者を大幅に増やし、被害にあった人々の苦しみを極めて大きく増幅させた」と非難し、次の法王には性的虐待の訴えに関する調査により協力的であって欲しいと訴えた。

 カトリック教会は近年、小児性愛の聖職者やカトリック教会の名声を守るために聖職者による児童性的虐待の事実を隠蔽(いんぺい)したという批判を受け、注目を集めていた。【翻訳編集】 AFPBB News


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより