ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

ストーカー : 殺人:飯田の19歳死亡 おばの元交際相手が練炭自殺か (2013.02.11)

日時: 2013-02-11  表示:2855回

2013年02月11日 毎日新聞

 長野県飯田市毛賀の住宅で、この家に住む鹿島田淳(かしまだ・じゅん)さん(19)が血を流して死んでいるのが9日見つかり、県警は10日、殺人事件として飯田署に捜査本部を設置した。同居している親族の30代女性が、元交際相手の男からストーカー行為を受けていると同署に相談していた。鹿島田さんは女性のおい。県警は男が事情を知っている可能性があるとみて捜していたが、同市に隣接する泰阜(やすおか)村で同日午前、この男の所有とみられる車が見つかり、車内で男性が死亡していた。練炭自殺とみられる。県警は男性の身元確認を進め、事件との関連を調べている。

 県警によると、鹿島田さんは、おばとその子供と3人暮らし。鹿島田さんは1階台所で倒れていた。死因は頭部打撲による頭蓋(ずがい)内損傷。頭に刺されたような傷が複数あり、遺体に掛け布団が掛けられていた。

 9日午後3時ごろ、おばから「元交際相手に子供と一緒に車で連れ回されている」と110番があり、間もなく飯田市内のコンビニエンスストア駐車場で、男から逃げてきたおばと子供を署員が保護した。おばは顔などに殴られたような痕があった。同日午後6時45分ごろ署員とおばが自宅に戻ったところ、鹿島田さんが殺されていたという。

 おばは5日午前4時ごろにも「元交際相手から『自宅に火を付ける』などと脅迫されている」と警察に相談。同署はストーカー規制法に基づき男に電話で警告、おばの自宅などに署員を張り込ませて警戒に当たった。しかし、おばは鹿島田さんらとともに自宅から避難していたことなどから、約2時間半後に警戒を解除したという。

 事件前におばがストーカー被害を同署に相談していたことについて、春日利巳署長は「届け出を受けた当時、取り得る限りの対応を適正に行ったと考えている」と話した。【福富智、石川宏、巽賢司】


個人情報の取り扱いについて

このページ内で掲載された氏名等の個人情報は、自動的に判断して伏字にしています。あらかじめご了承ください。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより