ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

児童ポルノ : 子ども守る条例案:全国3例目 県警、県民の意見募る /栃木 (2012.11.27)

日時: 2012-11-28  表示:3890回

毎日新聞 11月27日(火)12時12分配信

 県警は26日、児童へのつきまといなどを規制する条例案の概要を発表した。05年の「今市事件」が未解決なことや、子どもへの犯罪の不安が高いとの県民調査結果を受けた措置。27日から1カ月間パブリック・コメントを募集。今年度中の制定を目指す。

 県警は09年に「子ども・女性安全対策班」を設置し、児童に声をかけたり、つきまとう不審者を指導、警告してきた。ただ、罰則がなく、つきまといなどの件数は09年の68件から10、11年は150件前後と急増していた。
 有識者らで構成する審議会が9月、「常習者には罰則の適用も検討すべきだ」との報告書をまとめた。
 条例案の対象は13歳未満。「お母さんが事故にあったから、一緒においで」などとだまして、不安を与える▽道路に立ちふさがって威圧する▽子どもを被写体とするDVDなどのポルノの所持−−を禁止。違反者への罰則を定める方向で検討している。罰則は奈良県の罰金30万円を参考に検討するという。
 児童買春・児童ポルノ禁止法は18歳未満の児童のポルノ画像の製造や提供を禁止しているが、条例案では単純所持だけで規制できる。県警の立ち入り調査に基づき県公安委員会が廃棄命令を出せるとした。
 同様の条例は奈良県、大阪府が制定しており、栃木は全国で3例目。県警生活安全課は「広く意見を募り、より実効性のある条例にしたい」としている。
 パブリックコメントは▽住所▽氏名▽電話番号を明記して、〒320−8501へ郵送(住所不要)。メール(keisatu-sea@pref.tochigi.lg.jp)などで受け付ける。【松本晃】


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより