ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

DV : 青森・監禁女性死亡:4容疑者を起訴 動機解明どこまで /青森 (2012.11.17)

日時: 2012-11-19  表示:2445回

毎日新聞 11月17日(土)12時8分配信

 青森市八ツ役のアパートで犬用の首輪で拘束されたとみられる無職、太田しのぶさん(当時31歳)が遺体で見つかった事件は、青森地検が16日、同市高田朝日山、無職、****容疑者(40)や太田さんの交際相手で同居の元トラック運転手、****容疑者(38)ら男女4人を傷害致死罪で青森地裁に起訴し、事件は一応の区切りを迎えた。動機など依然として不可解な部分が多く、裁判員裁判でどこまで解明が進むのか、注目される。【吉田勝、宮城裕也】

 ■なぜ首輪?
 起訴されたのは、斎藤、***被告に加え、**被告と同居の無職、****(38)▽平内町小湊和田、事務員、****(37)−−の計4被告。
 起訴状によると、4人は共謀して9日17日ごろから10月5日ごろまでの間、桑野、***被告宅で毎日のように、太田さんの全身を金属製特殊警棒や手で殴るなどしたほか、ライターオイルを背中や腕にかけて火をつけるなどして多発性外傷による多臓器不全で死亡させたとしている。
 これまでの県警の捜査で、首輪は10月4日未明に**被告が青森市内のホームセンターで購入。帰宅後に4人で太田さんを拘束し暴行に及んだ。その後、**被告ら3人は帰宅したが、**被告は太田さんが5日に遺体で見つかるまで監禁したとされる。
 県警は「首輪は一連の暴行行為の一環」とし、4、5の両日だけだったとみている。しかし、なぜ首輪をしたのかは「合理的理由が分からない」と繰り返し、不可解なままだ。
 ■5人の関係
 5人は十数年前から釣りやテレビゲームを通じて知り合った友人同士で、主に**被告宅がたまり場だったという。太田さんは約3年前に市内の実家を出て、斎藤、***被告宅を行き来していた。
 特に**被告がボス的な存在で、最年少の太田さんが5人の力関係では最も格下。他の3被告はほぼ「同格」だったという。
* **被告宅の周辺では約3年前から、太田さんとみられる人物が「朝夕に犬の散歩しているのを見た」と、複数の住民が目撃。昨年夏ごろには「肩まであった髪が無くなり、頭にバンダナを巻いていた」ほか、今年9月ごろには「2日に1回の頻度で、夜中に女性の叫び声が聞こえた」という。
 ■なぜ逃げなかった?
 暴行が始まったのは昨年秋ごろから。その後、今年9月17日ごろから「(太田さんが)言うことをきかない」などとして、特殊警棒で全身をたたくなど、暴行が激化した。
 しかし、10月4日の首輪購入までは拘束を受けた形跡はなく、外出の制約はなかった。携帯電話も使え、死亡直前の10月1日には、親族の相談を受けた青森署員が太田さんとみられる女性と電話で会話したことが確認されている。

 太田さんは繰り返し暴行を受けながらなぜ逃げなかったのか。県警は****被告が)恐怖心などを4人に植え付けて精神的にコントロールしていたのではないか」と説明するが、もしそうだったとしたら、**被告がどのような方法で他の4人をそこまで追い込んだのか。謎が多い。
11月17日朝刊


個人情報の取り扱いについて

このページ内で掲載された氏名等の個人情報は、自動的に判断して伏字にしています。あらかじめご了承ください。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより