ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

国際 : 「児童ポルノ撮影された」、仏女優エヴァ・イオネスコさんが母親を提訴 (2012.11.15)

日時: 2012-11-18  表示:3592回

AFP=時事 2012年11月15日(木)20時39分配信

【AFP=時事】フランスの女優エヴァ・イオネスコ(Eva Ionesco)さんが12日、子供の頃にヌード写真を撮影され出版されたとして、実の母親を相手取って20万ユーロ(約2000万円)の損害賠償を求める裁判を起こした。

 問題とされる写真はエヴァさんが4歳〜12歳だった1970年代に、イオネスコさんの母親で写真家のイリナ・イオネスコ(Irina Ionesco)被告が撮影したもの。いずれも性的に露骨な写真で、中でも11歳のときのヌード写真は米男性誌プレイボーイ(Playboy)に掲載され、イオネスコさんは同誌最年少のヌードモデルとなった。その他、複数の写真が米男性誌ペントハウス(Penthouse)にも掲載された。

 イオネスコさんは「子ども時代を盗まれた」と訴え、写真の返却も求めている。

 イオネスコさんの代理人を務めるジャックジョルジュ・ビトゥン(Jacques-Georges Bitoun)弁護士は法廷で、70年代は「小児性愛者のネットワークがまだ大きな影響力を持っていた時代」だと指摘した上で、「4歳の少女の脚を開かせ写真撮影するなんて、どうしてできるのだろうか」と問いかけた。

「子供をこのような姿勢で撮影することが芸術ならば、私は芸術のことを全く知らないのだろう。(写真では)子供が子供としては一切表現されておらず、売春婦扱いされている」(ビトゥン弁護士)

 一方、被告側代理人のルネジャン・ウルマン(Rene-Jean Ullmann)弁護士は、70年代は「もっと寛大な」時代だったと反論し、イオネスコさんが「母親に対する憎しみ」にかられて訴訟を起こしたとの疑惑を指摘した。

 判決は12月17日に下される予定だ。【翻訳編集】 AFPBB News


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより