ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

その他 : 川口で通り魔相次ぐ、女子高生2人襲われる

日時: 2007-05-04  表示:7207回

[埼玉](2004年1月23日)
 22日午前8時50分ごろ、川口市西新井宿の路上で、県立高校2年の女子生徒(16)が男にカッターのような刃物で切りつけられ、左手甲に軽傷を負った。
 同10時ごろには、2・5キロほど離れた同市長蔵の路上で、別の県立高校3年の女子生徒(17)が男にこぶしで後頭部を殴られた。
 生徒2人は自転車で登校途中で、いずれも学校付近でバイクの若い男に襲われた。武南署で傷害、暴行事件として男の行方を追っているが、服装などが異なることから、同一犯の可能性は低いとみている。
 高校2年の生徒が切りつけられたのは国道298号や同122号などが交差する川口ジャンクション付近の側道。
 調べでは、黒バイクの男が生徒とすれ違った後、ひき返して地図を見せ「鳩ケ谷市役所はどう行けばいいのですか」と尋ね、いきなり上着のポケットから刃物を取り出し、生徒に切りつけ逃走した。
 男は黒のフルフェースのヘルメット、いずれも黒で革製のジャンパー、ズボン姿。白いマスクと眼鏡をしていた。
 また、高校3年の生徒は学校付近の住宅街で、後方から並走してきたバイクの男に声を掛けられ、逃げようと自転車を加速させたが、追走され頭を殴られた。
 バイクは赤の原付バイクでナンバーを白い布で隠していた。男は白の流線型のヘルメット、いずれもグレーのスタジアムジャンパー、ズボン姿だった。
 生徒2人はそのまま登校し、学校側が警察に連絡した。
 
 安全対策徹底を要請
 川口市教委
 
 川口市教委は同日午後、市内の公立幼稚園、小中高校に安全対策の徹底を求める緊急連絡を行い、小中学生に配布した防犯ブザーの利用や市内に約2千5百ある子ども避難所の活用などを、児童生徒に徹底するよう要請した。
 生徒が被害に遭った高校では、放課後に各担任が生徒に下校時の注意を呼び掛け、武南署が学校付近をパトロールした。
 同市内では、登下校中の小中学生らが不審者に腕をつかまれるなどといった事件が、市教委が把握しているだけで昨年7―12月に18件発生。市は公用車に防犯ステッカーを張り外出時に巡回させるなど警戒を強めていた。市教委は「年末にかけて(事件は)減少傾向にあったが…。年明けも防犯対策に努めたい」としている。


個人情報の取り扱いについて

このページ内で掲載された氏名等の個人情報は、自動的に判断して伏字にしています。あらかじめご了承ください。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより