ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

ストーカー : 逗子ストーカー殺人 守れぬ命、規制法の“不備”露呈 (2012.11.11)

日時: 2012-11-12  表示:3124回

産経新聞 2012/11/11 16:39更新

 神奈川県逗子市のデザイナー、三好梨絵さん(33)が刺殺され、元交際相手の無職、****容疑者(40)が自殺した事件は、県警が三好さんから再三相談を受けながら、凶行を防げなかった。

 逗子署は23年6月、脅迫容疑で同容疑者を逮捕。執行猶予付き有罪判決確定後の今年3〜4月、千通を超えるメールが届き、三好さんは再度の逮捕を望んだ。だが逗子署は内容が脅迫には当たらず、ストーカー規制法も適用できないと判断した。規制法は電話やファクスを繰り返せば「つきまとい」とみなすが、メールは明文規定がない。「取り締まろうにも根拠となる規定がなかった」と県警幹部。女性への暴力問題に詳しい長谷川京子弁護士は「(規制法に)メールを追加するだけでは不十分。新しい通信手段は次々登場し、いたちごっこでしかない」と指摘。「手段にかかわらず、嫌がる相手に送り続ければ付きまといと規定する必要がある」。


個人情報の取り扱いについて

このページ内で掲載された氏名等の個人情報は、自動的に判断して伏字にしています。あらかじめご了承ください。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより