ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

ストーカー : 逮捕状提示は刑訴法に規定 配慮を求める声も (2012.11.10)

日時: 3857-12-09  表示:3061回

産経新聞 11月10日(土)7時55分配信

 刑事訴訟法では、警察などの捜査機関が逮捕状に基づいて容疑者を逮捕する場合、逮捕状に記載されている内容を容疑者に示すよう規定している。しかし、専門家からはストーカー事件では被害者に対する配慮を求める声もある。

 逮捕状には容疑者名や罪名などのほか、逮捕容疑の事実関係などが記載されており、被害者の氏名や住所などが記載されていることもある。今回の事件では、被害者の結婚後の名字や転居先の市名などを読み上げていたが、警察庁幹部は「逮捕状を示すのは容疑者がどのような事件で逮捕されるのか、本人によく理解してもらうことが目的。容疑者に示さないのは法律上、難しい」と話す。ただ、今回のようなケースでは「旧姓や通称名などを告げることで対応できたかもしれない」という。

 お茶の水女子大の戒能民江(かいのう・たみえ)名誉教授(ジェンダー法学)は「ストーカーとドメスティックバイオレンス(DV)事件では被害者情報の秘匿は絶対的に重要。逮捕状読み上げは必要だが、被害者の新しい姓や住所は逮捕事実と無関係で、読み上げで生じる危険性を重要視していなかったのではないか」と話している。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより