ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

児童ポルノ : 公衆浴場で女児の裸撮影、米原市職員を懲戒免職 滋賀 (2012.11.04)

日時: 2012-11-06  表示:2850回

産経新聞 11月4日(日)7時55分配信

 公衆浴場で女児の裸をビデオカメラで撮影し、児童ポルノを製造したとして、児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)の罪で略式起訴され、罰金100万円の略式命令を受けた米原市防災危機管理局主任の女性(37)を、米原市は2日、懲戒免職処分とした。また、不祥事を受け、泉峰一市長は減給100分の10(1カ月)、柴田高丸副市長は減給100分の5(1カ月)とすることを決めた。

 市の聞き取りに対し、女性職員は、昨年6月から今年6月までの間に、滋賀、福井、岐阜3県の公衆浴場で8回にわたり、女児の裸をビデオカメラで撮影し、児童ポルノを製造したことを認めた。女性は詳しい動機は話さず、「申し訳ない」と謝罪の言葉を繰り返しているという。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより