ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

国際 : ロムニー氏また逆風、共和党議員候補が「レイプによる妊娠も神の意図」と発言 (2012.10.24)

日時: 2012-10-25  表示:3800回

AFP=時事 10月24日(水)20時0分配信

【AFP=時事】米大統領選挙まで残り2週間を切る中、共和党の上院議員候補がレイプについて問題発言を行って批判されている。共和党のミット・ロムニー(Mitt Romney)候補は24日、この発言から距離を置こうと努めた。

 中絶反対の立場をとる共和党のリチャード・モードック(Richard Mourdock)候補は、23日の上院議員候補者討論会で、レイプによる妊娠は「神がそうなるように意図されたものだ」と発言。女性の権利について共和党のロムニー候補を攻撃する格好の材料を、バラク・オバマ(Barack Obama)米大統領に与えた。

 大統領選の両候補の支持率がほぼ同率で伯仲する中、接戦州では女性票が選挙の大勢を決めかねない。それに中絶をめぐって再び議論になれば、ロムニー氏が焦点にしたかった米国経済の低迷から注目がそれることになる。

■「レイプによる妊娠も神の意図」

 モードック氏は23日の討論会で、生命は妊娠のときに宿るとの信念を表明し、母体に命の危機が迫っているとき以外のすべての中絶に反対すると語った。

「私自身、この問題については長らく悩んできたが、命とは神からの贈り物なのだと悟った。そして、たとえレイプという痛ましい状況で命が生まれたとしても、それは神がそう起きるよう意図したものなのだと私は考えている」(リチャード・モードック氏)

 ロムニー陣営の広報担当者、アンドレア・ソール(Andrea Saul)氏は「ロムニー(前)州知事はリチャード・モードック氏の発言に同意しない。モードック氏の発言はロムニー氏の考え方を反映していない」と述べ、モードック氏の発言から距離を置いた。

 ロムニー氏は、レイプや近親相姦、母親の生命を救うためなどの場合を除くあらゆる中絶に反対する立場を表明している。【翻訳編集】 AFPBB News


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより