ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

国際 : イエメンの強制結婚、13歳少女が性交時の出血で死亡 (2010.04.09)

日時: 5413-02-23  表示:3409回

AFP 2010年04月09日 14:54 発信地:サヌア/イエメン

【4月9日 AFP】イエメンで、強制結婚させられた13歳の少女が結婚から5日目に、性交時に裂傷した性器からの出血が原因で死亡した。地元の人権団体が8日明らかにした。

 同団体によると、この少女は前月29日、一方の家の兄弟がそれぞれ他方の家の兄弟と結婚する「交換婚」と呼ばれる形式にのっとり結婚した。だが今月2日、ハッジャ(Hajja)州の病院で、性器からの出血が止まらず死亡した。

 部族意識が非常に強いイエメンでは少女の強制結婚が広く行われ、第二次性徴を迎える前に結婚する例も多い。前年9月には、12歳の少女が難産のため新生児ともども死亡し、早婚の妻の死亡リスクの問題に注目が集まった。

 前年、17歳未満の女性の結婚を禁じるとした婚姻法の修正案が国会に提出されたが、一部の国会議員が見直しを強く迫り、議論は中断している。前月には、イスラム教聖職者の呼びかけに応じて、数千人の女性たちが議会前に集結し同法案に抗議した。その数日後には、かなり人数が少ないながらも、同法案に賛成する女性たちが同じく議会前に集まり、法案可決を求めるデモ行進を行っている。(c)AFP


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより