ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

その他 : 昨年の性犯罪認知件数 6年ぶり減少、450件 被害者の6割が未成年―県警/神戸

日時: 2007-05-04  表示:7098回

[毎日](2004年1月24日)
 県警捜査1課は、昨年の県内の性犯罪の発生状況をまとめた。阪神間で強制わいせつ事件が大幅に減少し、増加傾向にあった性犯罪の認知件数は6年ぶりに減少した。被害者の約6割は未成年者で、12歳以下を狙った事件が増える傾向にある。同課は「不審者を見かけたら迷わず110番を」と呼びかけている。
 まとめによると、強かん事件と強制わいせつ事件を合わせた性犯罪の認知件数は450件(前年比45件減)。街頭犯罪対策室が制服警察官の巡回を強化した効果で、阪神ブロックでの強制わいせつ事件の認知件数が99件(同26件減)と大幅に減少。約8割を占める強制わいせつ事件の増加傾向に歯止めをかけた。
 一方、被害者の約6割が未成年者だった。うち約4割は12歳以下で、認知件数も前年より2割増の101件だった。外で遊ぶ幼稚園児や小中学生に「靴のひもがほどけている」などと近づき、人気のない空き地などでわいせつ行為に及ぶ事例が約40件あったという。
 この他、深夜の一人歩きの女性を車に押し込んで暴行したり、ワンルームマンションにピッキングなどの手口で侵入して暴行するなど悪質な事例が絶えないという。
 同課は「夜間の一人歩きを避け、防犯ブザーを持ち歩くなど注意してほしい」と呼びかけている。相談は「性犯罪被害110番」(078・351・0110)。相談時間は午前9時?午後5時。必ず女性警察官が応対する。 【隅俊之】


個人情報の取り扱いについて

このページ内で掲載された氏名等の個人情報は、自動的に判断して伏字にしています。あらかじめご了承ください。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより