ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

児童ポルノ : 青森明の星短大・元准教授の児童ポルノ製造:起訴内容認める−−地裁初公判 /山口 (2012.09.19)

日時: 2012-09-19  表示:2169回

毎日新聞 9月19日(水)15時44分配信

 防府市や青森市の女子中高生(当時)にみだらな画像を送らせたなどとして、児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)罪に問われた青森明の星短大の元准教授で元子ども学科長の***被告(37)=青森市=の初公判が18日、山口地裁(水橋巌裁判官)であり、**被告は「間違いありません」と起訴内容を認めた。
 起訴状などによると、**被告は11年12月16〜21日ごろ、インターネットの掲示板で知り合った防府市の女子中学生(当時15歳)に自分でみだらな姿を写させ、その画像を2度にわたって電子メールで送らせたほか、12年4月26日にはモデルとして募集した女子高生(同)のみだらな姿を青森市内で撮影、児童ポルノを造ったとしている。画****被告のハードディスクに保存されていた。
 冒頭陳述で検察側は「20代後半ごろから、インターネットを通じて接点を持った女子中学生や女子高生にみだらな画像を送信させるなどしていた」と指摘。「貴重な画像を保有していると優越感を抱き、同じような趣味を持つ仲間と交換していた」などと述べた。
 この日は「(みだらな)写真を撮られ、恥ずかしくてたまらなかった」などとする女子高生の供述調書の一部も読み上げられた。
* **被告は弁護士に「仕事上のストレスが要因の一つだった」などと話しているという。【井川加菜美】


個人情報の取り扱いについて

このページ内で掲載された氏名等の個人情報は、自動的に判断して伏字にしています。あらかじめご了承ください。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより