ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

国際 : 英王室激怒、キャサリン妃トップレス写真を掲載 (2012.09.14)

日時: 2012-09-15  表示:2404回

読売新聞 9月14日(金)18時32分配信

 【ロンドン=林路郎】南仏プロバンス地方で休暇中のウィリアム英王子(30)(王位継承順位2位)とキャサリン妃(30)夫妻の上半身裸の写真を14日発売の仏芸能誌が掲載し、英王室が激怒する事態となっている。

 写真は、夫妻が南仏の王族所有の邸宅で日光浴をしているところを望遠レンズで盗撮したもの。同誌は表紙に「オー・マイ・ゴッド」の見出しを掲げ、中面で写真15枚を特集。ネット上にも表紙を転載した。画像は不鮮明だが、英王室は夫妻の姿と確認した。英王室は、8月末にヘンリー王子の全裸写真がネット上で出回り、英大衆紙サンが転載して大騒ぎになったばかり。

 夫妻は現在、エリザベス女王の即位60年を祝う行事の一環でシンガポールとマレーシアを訪問中。王室同行筋は、夫妻が写真の掲載について「深く悲しんでいる」と述べた。王室は「写真掲載は一線を越えたもの。正当化できないプライバシーの侵害」として法的措置も検討している。

 英王室担当記者によると、ウィリアム王子は、母親の故ダイアナ元妃がパパラッチと呼ばれる有名人をつけ回すカメラマンの追いかけ取材で死に追いやられたと考えており、パパラッチをキャサリン妃から遠ざけることに気を使っている。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより