ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

国際 : 凶悪犯罪阻止に総力 性暴力専門部署新設=韓国警察 (2012.09.03)

日時: 2012-09-05  表示:2969回

聯合ニュース 9月3日(月)20時22分配信

【ソウル聯合ニュース】韓国警察庁の金基用(キム・ギヨン)庁長は3日、通り魔事件や性犯罪が相次いでいることを受け、犯罪防止に総力を挙げる方針を示した。
 来月3日までの1か月間、動員可能な警察官を性暴力阻止などに当たらせる。防犯カメラなどが不十分な住宅密集地域などに警察官を増員配置するほか、不審者への職務質問を強化する。
 また、全国の警察署に性暴力予防を担当する課・係りを新設する。警察庁には児童ポルノを取り締まる「児童ポルノ対策チーム」を設置。ファイル共有サイトを一斉点検し、ポルノの制作・配布を阻止する。インターネットなどで児童ポルノをリンクさせる行為やパソコン、スマートフォン(多機能携帯電話)、USBメモリーなどに保存することも立件対象とする。
 金庁長は「犯罪予防活動が国民の期待に応えていないことを痛感している。警察は与えられたすべての権限と力量を総動員し、犯罪予防に務める」と述べた。
 韓国では最近、通り魔事件や性犯罪が多発している。先月には7歳の女児が拉致され、性的暴行を受ける衝撃的な事件が起きた。同事件を受け、李明博(イ・ミョンバク)大統領が国民に謝罪。警察に再発防止を指示していた。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより