ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

国際 : 【社説】高齢者の性犯罪、これ以上放置してはならない (2012.07.31)

日時: 2012-08-05  表示:3030回

中央日報日本語版 7月31日(火)14時55分配信

いまや韓国社会は高齢者たちが犯す性犯罪をこれ以上放置してはいけない時になった。慶尚南道統営(キョンサンナムド・トンヨン)のある村では現在60〜70代の高齢者が同じ村に住む知的障害の女性を数年間にわたり性暴行した容疑で調査を受けている。このような事件は昨年全羅南道長興(チョンラナムド・チャンフン)でも起きており、町内の知的障害女性を性暴行した10人余りの60〜70代の男性が相次ぎ起訴されることもした。 釜山(プサン)でも70代の男性が隣家の視覚障害の女性を1年余りにわたり性暴行し、これに気づいた女性の両親の通報で発覚した。

高齢者の性犯罪は最近では珍しい事件ではない。警察庁によると昨年の性暴行加害者のうち61〜70歳が809件、71歳以上が268件と集計された。これは2007年に60代が481件、71歳以上が193件に比べ大きく増えたもので、特に60代の性犯罪件数はこの3年間で急激に増加している。もちろん最近の高齢者犯罪の増加は性犯罪にだけ限定されたものではない。刑事政策研究院チャン・ジュンオ研究委員の最近の論文によると、1996〜2006年の10年間に61歳以上の高齢者の犯罪は年平均68.4%増加し、全犯罪増加率13.6%の5倍を超える急激な増加を示している。これは高齢化社会に差し掛かりながら身体的には元気な高齢者人口が大きく増えたことにともなう現象と分析される。

その中でも高齢者の性犯罪は韓国社会の関心の死角地帯で起きているということに問題の深刻性がある。大検察庁関係者は「高齢者の性犯罪は子どもと知的障害女性など弱者を対象に執拗で持続的に強行される場合が多いのが最も大きな問題だ」と指摘した。今回の統営での事件も2004〜2008年の4年余りにわたり表現能力が劣る知的障害女性を相手に行われた。

また、韓国社会の「高齢者の性」に対する全般的な無知によって高齢者の性的衝動と性犯罪の潜在性をしっかりと認識できない隙間で犯罪が起きているということだ。今年初めに保健福祉部が発表した「高齢者の性生活実態調査」によると高齢者の3分の2が性生活をしており、35.4%が買春をするなど性的欲求が相変わらずであることを示した。それでも韓国社会は依然として高齢者の性問題から目を背けており高齢者が性的に疎外されている。このほかにも性犯罪は性的欲求だけでなく社会的孤立感のために行われる場合が多く、一人暮らしの高齢者の増加とともにさらに増える素地があるという点も問題だ。

このように高齢者の性犯罪は他の年齢層の性犯罪とは異なる様相を見せる。だが、女性家族部など性暴行を扱う機関もこれに対する実態分析と研究はまったくない実情だ。高齢者の性犯罪は単純に「厳罰主義」だけでは解決しにくい。高齢者の性と孤立の問題をどのように解決するかを研究する一方、男性高齢者が密集した農村地域などに住む性的弱者の保護対策まで合わせた新たな対策が要求される。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより