ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

国際 : 米ペン州立大アメフトチームに異例の制裁 元コーチの性的虐待で (2012.07.25)

日時: 2012-08-04  表示:3096回

ウォール・ストリート・ジャーナル 7月25日(水)10時2分配信

 米大学スポーツの管理組織である全米大学体育協会(NCAA)は、ペンシルベニア州立大学フットボールチームの元アシスタントコーチの少年に対する性的虐待事件を受けて、同フットボールチームに異例の厳しい制裁を科した。

 制裁は、罰金6000万ドル(約47億円)、カレッジボウル戦への出場禁止、奨学金の減額をはじめ広範囲に及ぶ。フットボールチームの「死刑」は免れたものの、名門大学としての威信は大きく傷つくことになる。

 この制裁に同大の多くの学生や卒業生は激しいショックを受けている。NCAAは制裁について、元アシスタントコーチの少年に対する性的虐待疑惑への対処を「著しく誤ることになった文化」を立て直すことを意図したものと説明。さらにNCAAは1998~2011年までの同大の全優勝記録を取り消すとともに、故ジョー・パターノ元監督のメジャーカレッジフットボール史上最多優勝監督としてのタイトルも剥奪した。

 「ペンシルベニア州立大の一件は、われわれ全員に大きな感情的反応を引き起こすとともに、多くの意味でわれわれの自信を揺るがした」と、NCAAのマーク・エマート会長は記者会見で語った。NCAAは、同大の元管理部門職員に対する刑事訴訟の決議後に追加制裁を科す可能性もある。

 米大学スポーツの競技連盟「ビッグ・テン・カンファレンス」も追って声明を発表し、同大を非難するとともに、今後4年間のビッグテン選手権への同大の出場資格を剥奪し、それら試合で得た推定1300万ドルの収益を没収することを明らかにした。NCAAの制裁金6000万ドルと試合収益1300万ドルは性的虐待から子供守るための慈善事業に寄付される。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより