ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

国際 : 「AVだけコンドーム着用義務はおかしい!」ハリウッド映画でも着用すべきだとポルノ業界が猛抗議 (2012.07.25)

日時: 7802-12-09  表示:3007回

シネマトゥデイ 7月25日(水)21時52分配信

 今年1月にアメリカ・ロサンゼルス州でポルノ映画撮影時のコンドーム着用が義務化されたことを受け、ポルノ映画業界が猛反発していることが話題になっている。

 ウェブサイトThe Wrap Moviesによると、業界側はポルノ映画でコンドーム着用が義務付けられる以上、通常のハリウッド映画でも着用が義務付けられないことはおかしいと主張。業界団体のフリー・スピーチ・コーリションの代表者は「ブラッド・ピットがラブシーンの最中にいきなりコンドームを付けるところを観たことがありますか?」と指摘している。

 これに反論したのがエイズ・ヘルスケア・ファウンデーションのマイケル・ワインスタインだ。同サイトの取材に応えたマイケルは、「おわかりでしょうが、ポルノ映画と普通の映画作品は製作目的がまったく違います。セックスシーンに関しても、実際にセックスをして性病にかかる可能性のあるポルノ映画とは状況がまったく異なるのです」とコメントしている。

 映画でコンドームに言及した例というと、1990年の映画『プリティ・ウーマン』でのジュリア・ロバーツがあるが、これは珍しい例外。映画でのセックスシーンにコンドームが登場することは少ないという英王立医学協会ジャーナルによる調査結果も発表されており、近年では『アメリカン・パイ』や『40歳の童貞男』のようにコメディーの道具立てとして使われることも多くなっている。

 ほかにも『JUNO/ジュノ』『無ケーカクの命中男/ノックトアップ』など、予期せぬ妊娠が題材になっている作品もある。発言の是非はともかく、今回の議論がどのような方向に転がるのか、映画ファンならば気にしておくのもいいかもしれない。(編集部・福田麗)


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより