ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

セクハラ : 服脱ぐよう強要、いきなりキス…警察官4人、後輩女性に集団セクハラ 神奈川県警 (2012.07.27)

日時: 9856-02-19  表示:2972回

産経新聞 7月27日(金)11時12分配信

 神奈川県警大和署に勤務していた30代の男性警察官4人が今年3月、後輩の20代の女性警察官に服を脱ぐことを強要したりキスをするなど集団でセクハラ行為をしていたことが27日、県警への取材で分かった。県警監察官室は4人を処分する方針だが、調査の結果、「刑事事件としては立件できないと判断した」としている。

 監察官室によると、4人は3月上旬、神奈川県大和市内のカラオケ店に電話で女性を呼び出した。しばらくして交通2課の**部長が女性と一緒に写真を撮った際に、いきなりキスをした。

 さらに、刑事2課の**部長(現在は県警暴力団対策課)が女性に対し、着ていたブラウスとズボンを脱いで、キスをした**部長の服と交換するよう指示。女性は言われた通りに服を脱ぎ、**部長のワイシャツとズボンに着替えた。

 ほかの2人の男性警察官は直接これらの行為に関わっていないという。

 女性は今春に異動し、セクハラ行為について異動先の上司に申告して発覚。被害届は出していないが、県警の調べに対し、逆らうと今後の仕事に影響が出るから従ったと説明した。男性警察官4人は悪ふざけだったという趣旨の話をしており、事実関係を認めて反省しているという。

 監察官室は「調査結果を踏まえ、適正に対処したい」としている。


個人情報の取り扱いについて

このページ内で掲載された氏名等の個人情報は、自動的に判断して伏字にしています。あらかじめご了承ください。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより