ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

その他 : 浪速区で「近代日本の性買売制度と廃娼運動」展/大阪

日時: 2007-05-04  表示:6821回

[毎日](2004年1月24日)
 企画展「近代日本の性買売制度と廃娼(はいしょう)運動」が、浪速区浪速西の大阪人権博物館ギャラリーで開かれている。権力の公認の下で、女性を性的な対象として買売する役割をした遊郭などや、これを廃止しようとした運動を検証する狙い。遊郭で働いていた女性ごとの借金額を記した精算控えや、女性の親からあっせん人にあてた手紙、売春しないよう呼び掛ける映画のポスターなど、約80点を展示している。
 企画した同博物館の朝治武課長は「女性を非人間的に扱う制度を維持していた社会のあり方に目を向け、問い掛けていきたい」と話している。
 2月29日まで午前10時?午後5時。入館料一般250円、大・高校生150円。中学生以下、65歳以上、障害のある人は無料。月曜、祝日の翌日、第4金曜は休み。問い合わせは同館(06・6561・5891)。 【小泉健一】


個人情報の取り扱いについて

このページ内で掲載された氏名等の個人情報は、自動的に判断して伏字にしています。あらかじめご了承ください。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより