ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

人身売買 : 人身売買被害女性救出へ ポラリス「アカリ」プロジェクト (2012.06.08)

日時: 1074-10-16  表示:2644回

オルタナ 2012年6月8日

文=池田 真隆

人身取引の最終地点だといわれている日本。毎年多くの女性が東南アジアから連れてこられ、性風俗店で働くことを強要される。日本は人身取引や人身売買の最終地点だけではなく、住んでいる日本人も人身取引の被害者となるケースもある。

警察に保護される、買春やポルノの被害児童件数は毎年5000件を超える。その多くの事件は未解決で終わると、警察白書および都道府県青少年育成条例報告では書かれている。

NPOポラリスプロジェクトジャパンでは、2004年から人身取引のない社会を目指して活動を開始している。昨年は、電話相談件数が381件。38%が日本人、30%が韓国人、11%がフィリピン人、7%がタイ人であった。

人身取引の被害者救出は困難な状態である、とポラリスプロジェクトはいう。理由としては、被害者の現状を把握することが困難なことと日本には、人身取引の被害に合っている人を対象とした政策がないことがあげられるという。

人身取引の摘発が困難な背景には、組織ぐるみの犯行であること、女性たちが性風俗店で働くことを強要される理由も様々であることなどもある。ある20代のアジア人女性は飲食店で働くことが決まっていたが、働いたとたんに借金を負わされてしまい、性風俗店で働くことを強要されてしまった。日本人女性は、13歳のときに受けた虐待が原因で家出をし、住む場所が他にないということで、定期的に売春をさせられていたという。

他にも、知人に騙されて借金を負わされてしまう場合や、裸の写真を撮られてしまい脅しを受けて逃げることができないなどの理由で強要されている。ポラリスプロジェクトジャパンは「支援するには、まず被害者の状況を把握することが大切」と話す。

同団体では、2011年の年末から、継続型支援のために寄付金を集めるポラリスAKARI PROJECT(アカリプロジェクト)を実施している。毎月2000円からの寄付を受け付けている。集まった寄付金は、電話相談や直接会って支援する活動に充てられる。(オルタナS副編集長=池田真隆)


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより