ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

児童ポルノ : 明確な拒絶、日本に求める=児童ポルノ単純所持―ユニセフ (2012.06.04)

日時: 2012-06-05  表示:3242回

時事通信 6月4日(月)5時53分配信

 来日した国連児童基金(ユニセフ)のスーザン・ビッセル事業部長補(子供の保護担当、カナダ出身)は、児童ポルノをめぐる過去20年の世界の変化について「一定の国際基準ができて問題が認識され、法の整備や執行といった各国の具体的な対応が問われるようになってきた」と進展を評価した。ただ、その中で日本は、欧米と異なり児童ポルノ画像を私的に収集する「単純所持」を禁止していない。児童ポルノ閲覧を続ける人々に「明確な拒絶のメッセージを出す」ため、早急な改善を訴えた。 


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより