ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

ポルノ被害 : AV女優最新事情 5万円で脱ぐ嬢多いため金額交渉は困難 (2012.04.14)

日時: 6163-11-19  表示:3272回

『週刊ポスト』2012.04.14

 現在、毎月発売されるアダルトビデオの新作は2000〜2500本。市場規模は4000億〜5000億円といわれているが、市場規模は縮小傾向にある。15年ほど前には1本に1000万円の制作費がついたが、現在はその10分の1程度がせいぜいなのだという。

“斜陽”がさらに色濃く表われているのが、女優のギャラである。

 かつては1本400万〜500万円もギャラを取る売れっ子女優が数多くいたが、今は昔。単体女優で「最低1本100万円」という相場も大きく値崩れしている。1996〜1999年にAV界に君臨し、「AVクイーン」と呼ばれた小室友里(36)はこう証言する。

「ギャラは最初が高くて、後はだんだんと下がって行くのが通常。私の場合は最初、1本当たり100万円。それが最終的には70万円まで下がりました。今の女優さんのギャラは最初から10万とか5万円もざらだと聞きますが、私だったらそのギャラでは出ない。嫌な思いもする仕事ですから、そういう失うものの対価としてギャラがあると思います。今の子はある意味、素人さんが趣味みたいな感覚で出ている面もあるのでは」

 小室がいた時代から10年あまりが経ち、より一層AVは世間に認知されてはいる。その分、裸になることへの抵抗はなくなり、女性がAVに出るハードルとともにギャラも下がったというわけか。AVプロダクションの社員が説明する。

「HPなんかには単体女優で100万円、企画モデルで50万円と書いているけど、それはマックスの数字です。単体でもよほど売れないと2本目からはグッと下がって10万円程度。企画モノに至っては、5万円でも脱ぐという女の子はわんさかいるので、金額で折り合わなければ辞めてもらうし、代わりは幾らでもいると思っています」(AVプロダクション社員)

※週刊ポスト2012年4月20日号


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより