ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

ストーカー : 「警察は危機意識ない」ストーカー規制法改正を 被害者遺族が要望書 (2012.04.08)

日時: 2012-04-08  表示:2888回

産経新聞 4月8日(日)21時54分配信

 長崎県西海市のストーカー殺人事件を受け、現行のストーカー規制法は被害者の命を守るために効果的に機能していないとして、ストーカーに家族を殺害された事件の遺族らが8日、東京都内で記者会見し、事件の第三者による検証と、被害者保護のための法改正を求める要望書を警察庁などに送付したことを明らかにした。

 ストーカー規制法は平成11年の埼玉県桶川市の事件を受け、翌12年に施行。同事件で長女=当時(21)=を殺害された猪野憲一さん(61)は会見で、「12年前と警察の対応は全く一緒だ。市民が『助けて』とすがっても、警察が『分かったよ』という気持ちで対応できないのは情けない」と強調した。

 11年の兵庫県太子町の事件で妹=当時(20)=を殺害された尾ノ井広行さん(56)も、「長崎の事件の対応は本当にひどく、警察に改めて怒りを感じた。警察には危機意識がない」と訴えた。

 要望書では、長崎県西海市の事件で千葉県警習志野署が被害届の受理を先送りして署員が親睦(しんぼく)旅行に行っていたことを指摘。「すがる思いで警察に救いを求めた被害者の訴えは無視された。繰り返される人命軽視の警察の対応に憤りを感じる」と批判した。

 その上で、「警察がストーカー犯罪の危険性を理解せず、被害者を守る適切な対応をしていない」として、西海市の事件など、過去のストーカー殺人事件の問題点を警察以外の第三者が検証した上で、被害者保護のための法改正を行うよう求めている。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより