ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

その他 : <ガールズバー>大阪府警が抜き打ち調査 2店に警告 (2012.03.22)

日時: 7462-08-16  表示:3815回

毎日新聞 3月22日(木)23時25分配信
 中学生の雇用や無許可営業などの問題が相次ぐガールズバーの実態を把握しようと、大阪府警保安課や少年課などは22日夜、大阪・ミナミの計10店に抜き打ちで立ち入り調査に入った。このうち、2店が風営法違反(無許可営業)の疑いで警告を受けた。調査は今後も継続し、警告に従わない場合は立件する方針。

 この日は午後7時ごろから約1時間半、捜査員30人態勢で調査した。10店はいずれも、客への接待をするのに必要な風営法の営業許可を得ていない。警告を受けた2店では、20代前半の女性店員がカウンター越しに接客していたが、客とトランプゲームをしたり、特定の客と長時間会話するなどしており、府警は風営法上の接待に当たると判断。残りの8店は客はいなかったが、店員らの話で普段から違法な接待をしていた可能性があるため、風営法の営業許可を取るか、接待をしないよう指導した。

 ガールズバーを巡っては今年に入り、泥酔した店員の公立高3年の少女(18)が接客後に死亡したり、中学2年の少女(14)を深夜に働かせるなどの事件が起きている。【服部陽】


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより