ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

ポルノ被害 : 嫌われたくない…自分のわいせつ画像ネット掲示 教育庁の女性主事を処分 (2012.03.10)

日時: 2012-03-17  表示:3241回

産経新聞 3月10日(土)17時46分配信
 千葉県教育委員会は9日、自分の下半身などを撮影したわいせつ画像をインターネット掲示板に投稿したとして、教育庁の女性主事(31)を停職1カ月の懲戒処分とした。女性主事はわいせつ電磁的記録記録媒体陳列容疑で2月に兵庫県警に逮捕され、同罪で尼崎簡裁から罰金30万円の略式命令を受けており、9日付で退職した。

 県教委によると、女性主事は携帯電話のカメラ機能を使って、自分の下半身などを写したわいせつ画像2枚と動画4本を、昨年12月から今年1月にかけて、インターネット掲示板に投稿した。

 女性主事は「最初は抵抗があったが、露出をするとアクセス数が伸びた。(ネット上の閲覧者に)嫌われたくない一心でやってしまった。公務員としての自覚が足りず申し訳ない」と話しているという。


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより