ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

児童ポルノ : 子どもへの性犯罪:出所後の居住地届け出 府、条例で義務化検討 /大阪 (2011.12.17)

日時: 2011-12-20  表示:3167回

◇知事に報告書
 府青少年健全育成審議会(会長・野口克海大阪教育大学監事)は16日、子どもに対する性犯罪で服役した後の刑務所出所者に対して居住地の届け出を義務づけることなどを盛り込んだ報告書を松井一郎知事に提出した。報告書を受けて、府は条例案を検討し、2月議会への提出を予定している。

 報告書では、対象を18歳未満の子どもに対する強制わいせつや強姦、児童ポルノの製造などとし、出所後5年間程度、府に届け出を義務付ける。出所者の社会復帰支援が目的であることから、違反した場合に罰則を設ける場合でも、過料などの行政罰にすべきとした。

 報告書を受け取った松井知事は「再犯に走らないように行政としてフォローしたい。そのことで子どもたちが被害に遭わなくて済む」と話した。【佐藤慶】

2011年12月17日 毎日新聞


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより