ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

その他 : AV女優が説く「AV女優の覚悟」に感心する人が続出 (2011.10.28)

日時: 2011-10-29  表示:3605回

web R25 10月28日(金)7時15分配信
かつて“AV女優”といえば、どこか暗いイメージがつきまとったものだったが、今では地上波のテレビ番組に出演したり、CDを発売したりする女優もおり、そうしたイメージも徐々に払拭されつつある。とはいえ、AV女優という仕事が特殊な職業であることは紛れもない事実。そうした複雑な気持ちをAV女優の成瀬心美がブログにつづり、その内容が反響を呼んでいる。

成瀬は24日、自らのブログで「AVの面接を受けたけど、迷いがあったのでやめた」という女性の手紙を紹介し、「この手紙を読んで私は泣きそうになった。本当にやらないでくれて良かった、って思った」と述べ、このエントリーで自身や同僚の仕事に対する覚悟をつづっている。

成瀬自身は、

「私は確かにこの仕事に誇りを持っているし
偏見も少なくできたら良い」
「私はこの仕事が楽しくって!
本当に今が幸せ!!」

と、感じているそうだが、この職業には、

「ばれないように…
って思っても1作品でも出たら
それは何年、何十年って残る。
(中略)引退したとしても、作品は生き続ける」

という過酷な事実が存在することを彼女は説明。さらに、「周りにいる同じ職業の女の子たちも、おっきい覚悟を背負って自分なりに頑張ってる」と述べ、AV女優という仕事は、相当な覚悟が必要な職業であることを強調した。

そして、そのような覚悟を持ったうえで、

「これからも一人でも多くのみんなに会えるようにより一層頑張っていきます」
「色んな話聞くし、相談だってのるからね」

と述べる成瀬のこの日のエントリーはツイッター上でも話題となっている。ツイッターユーザーからは、

「プロの言葉と考え方。仕事やファンに対する姿勢も素晴らしい」
「心に響く文章でした」
「AV女優だからと偏見を持たず読んで欲しい」

など、彼女の姿勢を称賛するツイートが殺到。つらい仕事に対し、笑顔で前向きに取り組む彼女に癒やされた人は多かったようで、彼女がますますファンを増やしたことは間違いないようだ。
(R25編集部)


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより