ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

ポルノ被害 : 動物愛護主張を広めるためにポルノサイト開設 愛護団体「利用できるものは利用する」 (2011.09.20)

日時: 9872-11-20  表示:3363回

動物愛護団体「PETA」が、動物愛護と菜食主義を訴えるためにポルノサイトを開設して人を集める計画を進めている。「動物の権利擁護を訴えるために利用できるものは、何であれ利用するつもりだ」という。(ロイター)
2011年09月20日 15時40分 更新

 動物愛護団体のPETA(People for the Ethical Treatment of Animals、動物の倫理的扱いを求める人々の会)が動物の権利擁護という名目でポルノサイトを開設する計画だ。同団体はヌードの女性を起用して注目を集めるキャンペーン手法で知られている。

 PETAは非営利団体であり、その物議をかもす過激なキャンペーン手法は女性の権利擁護団体から批判を浴びている。PETAは動物たちが苦しむ映像とポルノとを組み合わせることで、ヴィーガニズム(動物を材料とする製品を一切使ったり食べたりしない完全菜食主義者)に関する認識を高めたい考えという。

 「われわれは全く新しい層の人たちにもリーチを広げたいと考えている。そうした人たちの中には、PETAのアダルトサイトで予想もしていなかったような内容の映像を見せられショックを受ける人もいるだろう」とPETAのキャンペーン担当アソシエイトディレクター、リンジー・ラジト氏は語っている。

 PETAは動物の権利を擁護するためのキャンペーンで女性の人権を侵害しているとして批判を浴びている。太った女性の後ろ姿とともに「クジラを守ろう、ぜい肉を落とそう、ベジタリアンになろう」というメッセージを掲げたキャンペーンをPETAが広告掲示板で展開したのをきっかけに、Facebookには「Real Women Against PETA」というグループが結成されている。

 さらにFacebookにはもう1つ、「Vegans (and Vegetarians) Against PETA」と呼ばれるアンチPETAのグループも結成されている。

 ニューヨークに拠点を置く権利擁護団体Women In Media & Newsで事務局長を務めるジェニファー・ポズナー氏は次のように指摘している。「PETAのやり方は非常に不誠実だ。PETAは自分たちの活動に注目を集めるために女性差別を利用している。PETAによる女性差別は、より急進的で下劣なものになってきている」

 「PETAにはもうこの方法しか思い付かないのかもしれない」とさらに同氏。

 12月初旬には新たに.xxxドメインの一般登録が開始される予定だが、PETAは自らもポルノサイトを立ち上げるべく、既に必要書類を提出している。多くの非営利団体や企業は.xxxドメインを利用するポルノ業者に自分たちのサイト名をハイジャックされないよう急きょ防御策を講じているが、PETAは新しいドメイン名は自分たちにとって新たな活動基盤になると歓迎している。

 「われわれは動物の権利擁護を訴えるために利用できるものは、何であれ利用するつもりだ。われわれはこの新しい.xxxドメイン名は注目を集めるだろうと判断し、このドメイン名を動物の権利擁護の訴えに活用することを直ちに決断した」とラジト氏。

 プリンストン大学でジェンダーと性差の研究ディレクターを務めるジル・ドーラン氏は、PETAのキャンペーンに対して批判的だ。

 「人々の注目を集めるためにポルノを利用するのは時代遅れだ。女性のポルノ画像を利用して自分たちの主張を訴えるというのは時代に逆行したやり方であり、強度な女性嫌悪症にも思える。PETAはそうした原始的な手法をやめるべきだ」と同氏はメールで述べている。

 ラジト氏はPETAが女性の権利に対して鈍感だとの指摘に反論している。

 「われわれのデモ参加者やモデルはみな、自ら望んでキャンペーンに参加している。女性が自らの意見を表明するために自分の声や身体を使うことに対してどうこう言うのは、あまり男女同権的な考え方ではない」と同氏。

 PETAのポルノサイトへの訪問者には、まずポルノコンテンツのほか、PETAのきわどい内容の広告やキャンペーン画像が表示されることになる、とラジト氏。そうした画像に続いて、秘密裡に撮影された動物虐待の画像や動画が表示される。さらにサイトには、ベジタリアンやビーガンのためのスターターキットやレシピサイトへのリンクも掲載されるという。

 PETAの広告キャンペーンにはこれまで、サーシャ・グレイ、ロン・ジェレミー、ジェナ・ジェイムソンといったアダルト映画のスターたちが参加している。2008年には、PETAのYouTube?アカウントが一時的に閉鎖されたこともあった。これは、セレブなどがヌードでポーズをきめているきわどい内容の動画が公開されたのを受けての措置だった。

 「PETAのポルノサイトにアクセスすると、まずは非常に誘惑的なコンテンツが表示されるが、その後もう少し奥深くに入っていくと、また別のタイプの映像が提示されることになる。われわれはそうした映像によって、ライフスタイルを野菜中心の食生活に切り替えることについて、人々がちょっと考えてみたり、話題にしたり、願わくは実行に移すきっかけにできればと考えている」とラジト氏は語っている。

[ニューヨーク 19日 ロイター]


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより