ポルノ・買春問題研究会
論文資料集10
2010年度の論文資料集10号。詳細はこちらより
 
メニュー
 
Google検索
 
[検索結果に戻る]

国際 : 性犯罪者の医師免許取得を制限、医療法改正案が国会へ提出=韓国 (2011.09.07)

日時: 2011-09-12  表示:3195回

サーチナ 9月7日(水)9時58分配信
 韓国のチェ・ヨンヒ議員(女性家族委員長)は6日、医療従事者の失格者として、性犯罪者を追加する「医療法の一部改正案」と性犯罪者の医療機関への就職を制限する「児童・青少年性保護に関する法律改正案」を国会に提出したと明らかにした。韓国メディアが相次いで報じた。

 報道によると、韓国の現行医療法第8条では、麻薬などの向精神薬の中毒者や、後天性免疫欠乏症予防法、死体解剖保存法、麻薬類管理法などに違反し、禁錮以上の刑の執行が終了しなかったり、執行の免除を受けなかった者は医療従事者になれないと規定されている。

 チェ・ヨンヒ議員は、現行の医療法では性犯罪者であっても医師の資格試験を通じて医師免許を取得できるとし、「患者の体を直接的に扱う医師にとって、もっとも厳格に適用されるべきである失格条件は性犯罪だ」と強調した。

 続けて、韓国国内で波紋を起こした高麗大学・医学部の大学生3人が、同期の女子学生にセクハラ行為をした事件を受け、「性犯罪者は医師になってはいけない」という声が高まっていると伝えた。一方、高麗大学は5日、裁判中である3人の大学生に対し、学籍が完全に削除され再入校も不可能である「教籍剥奪」の処分を下した。

 チェ・ヨンヒ議員が今回提出した医療法の改正案によれば、性犯罪を犯し禁錮以上の刑を受け、その執行が終わったり執行の免除を受けて10年経たない者や、禁錮刑以上の執行猶予が下されて猶予期間満了から7年経たない者などが「医師の失格者」となる。(編集担当:永井武)


ニュース報道について

このページ内で掲載されたニュース報道の中には、APPの立場や見解と異なるものも含まれてますことを、おことわりします。
最新の情報につきましては「http://www.app-jp.org」よりご確認ください。


[検索結果に戻る]
被害事実をご存じの方は、情報をお寄せください
ポルノグラフィによる人権侵害は想像よりはるかにたくさん生じていると考えられます。例えば、市販されているポルノ・ビデオからは、制作過程ですでにひどい人権侵害が行なわれていることを見てとることができます。

私たちは、ポルノグラフィによる被害を防止し被害者を支援する制度づくりをめざして、ポルノグラフィによる人権侵害の実態を明らかにする活動に取り組んでいます。被害事実をご存じの方は、どのような情報でもかまいませんので、研究会までお寄せください。
言語の選択
;
 
論文資料集9
2009年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第9号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより
 
論文資料集8
2008年度のAPPの調査研究の成果を、論文資料集第8号にまとめました。ぜひご購入ください。詳細はこちらより